貯金もないのにテレビを買いました

自宅を新築したこともあって、新築に似合う手ごろでオシャレな電化製品はないものかとフラッと電気屋さんへ立ち寄った時のことです。
広い店内をぐるぐると歩きながら思わず目を引いたのが大画面の薄型テレビでした。
当時はまだブラウン管テレビの方が多かった時で、薄型テレビのカッコよさに思わず見とれてしまったものです。

photo

しかし、まだ出始めの時でもあり、値段がものすごくてとてもじゃないけれど買うことはできそうにありません。
ましてや家を新築するための頭金に貯金をほとんど使い果たしてしまっていた状態だったので、どんなに欲しくても買うことは絶対にできないと思っていました。

しかし、そんな私の考えも知らず、主人は店員さんと値段交渉を始めてしまいました。
相談した結果、46インチの薄型テレビを値切ることができ、クレジットカードを使ってボーナス一括払いで買うことに決めました。

貯金がないのは事実で、引き落とし日までにとにかく働きまくってお金を貯めようという最終手段で薄型テレビを手に入れることができました。
私一人であったらこんな無謀な計画は立てなかったけれど、これを機会に頑張ればなんとでもなるという事を学んだように思えます。
おかげで真新しい家に大画面の薄型テレビを置くことができ、とても満足しています。

やっぱり無理したのは3桁万円のバッグ…

「無理をした買い物」と言えば、やはりコレがまず先に思い浮かびますね。それは某高級ファッションブランドのバッグです。まあ、もったいぶらずに言ってしまえば、エルメスのバーキンですよ。

18

購入した当時は結婚が決まっていた独身であり、自分自身へのご褒美、つまりは「今まで会社勤め頑張ったね!」という意味合いにて3桁万円のバッグを購入することを決めたのです。

やっぱり憧れのエルメスのバーキンは買う機会なんて、庶民の私からすればそうそうあるものではありませんから。そして、今後は私の財布だって夫婦二人の財布となり、なおかつ私は寿退社で専業主婦となります。

こういう言い方をしてしまうと、色々と反感を買うのかも知れませんが、ストレートに言ってしまえば、つまりは今後は「自分が大黒柱ではなくなる」「自分の生活費は自分で稼がなくてはならない!ということはなくなる」というプレッシャーからの解放、そして今後は自分で稼いだお金であっても、今までのように自分の好きな物を好きなだけ買えなくなる…などというような理由からも、エルメスのバーキンの購入を決めたのです。

しかし、ハッキリと言ってしまうまでもなく、当時の私の貯金の金額からしても、まあ無理のある買い物であったと言えるでしょう。子育て中のママとなった今にしても、「エルメスのバーキンは無理した買い物」とは思いますね。なんせ今がカツカツなもので…。子どものためにあのお金をしっかり貯金しておけば良かった…なんて思ってしまいます。まあ、デキ婚ではありませんし、購入当時はそのようなことを微塵も思いはしなかったのですが。

一目惚れして購入した腕時計

私はブランド品にはあまり興味がなく気に入ったものを買うスタイルです。
気に入っても予算を大幅にオーバーしていれば購入を見送ることがほとんどですが、あまりにも自分好みの腕時計を見つけてしまいついつい購入してしまいました。

photo

その時は近いうちに腕時計を買おうと思ってはいましたが別の目的で店に訪れていました。
一目惚れした腕時計はたまたまブランド品です。
今まで購入した最高額のものよりも倍近い値段でした。
腕時計の予算的には完全にオーバーです。

見れば見るほど欲しくなっていくものです。
店員さんが来て色々話しているうちに欲しい気持ちが更に強くなっていきます。

翌月がボーナスだったのですが会社の景気があまり良くなかったので金額は期待できませんでした。
それでも最低腕時計の金額は貰えるだろうと思い購入を検討。しかし他にボーナスで買おうと思っていた商品もあったのでなかなか決断できませんでした。

恐らく1時間くらい購入するか迷っていたと思います。
現金の持ち合わせはありませんでしたがクレジットカードを持っていたことが購入の後押しをしました。
何とかなるだろう買ってしまえと不思議に強い気持ちになり購入。
その強い気持ちにせいか分割払いではなく一括払いです。

結局ボーナスが予想以上に多く貰えたので負担になりませんでした。
日頃頑張ったご褒美として購入した感じですかね。

今でも大事に使っているお気に入りの腕時計。
迷ったけど購入して良かったと思います。

美顔器購入!衝動買いをしてあとで後悔

アラフォーになり、肌の老化にとても悩んでいたので、何か良い物はないかなとインターネットで探していました。
いつもはお金を使う時に、これは本当に必要なものなのか?と、じっくり考えてから買うタイプの人間ですが、ほうれい線や目尻の小じわ、肌の乾燥などにとても悩んでいました。

ある美顔器を見つけ、自分にとっては贅沢な買い物だなと思ったのですが、ついつい買ってしまいました。
超音波美顔器「エステナードソニック」なのですが、何度か雑誌で見たことがあり、高いなぁと思っていました。
今回は衝動的に買ってしまいました。
やっぱり老化って女性にとって辛いですし、エステに通うよりは安いだろうって思ったのですが、夫にこのことを言ってみると、なんでそんな高い物を買ったんだと言われて、ハっと我に返りました。

photo

とりあえず独身時代の少ない貯金から支払いましたが、足りない分は夫に出してもらいました。
美顔器と一緒に使う美白ジェルも購入してしまったんですよね。

でもすごく肌の調子が良くて潤いがたっぷりです。
鏡を見て自分に自信が持てるようになりましたが、お金のことを思うと無理な買い物をしたなぁとチクリと胸が痛みますね。
でも買って良かったと思います。

予算の倍の価格のパソコンを購入

10万円前後のパソコンを購入する目的で専門店に行ったのですが、店でいろいろな商品を見るうちに、つい予算の倍の価格となる20万円のパソコンを購入してしまいました。

最初は、最低限の性能でいいと思っていました。
自宅で使うパソコンですし、それほど高性能な機能を求めていなかったのです。
しかし、実際、様々なパソコンを比べてみると、処理能力の速さが格段に違ったり、グラフィックがとてもキレイで見やすかったりといった違いがあったのです。

photo

最近のパソコンでは、10万円前後の値段でもそこそこいい性能のものを購入することができます。
ただ、どうしてもすべての点においてもっと上があるわけで、上を見てしまうと、見劣りする部分が気になってくるのです。
そこで、折角お金を出して購入するのであれば、もう少しお金を足して良い物を買った方がいいという考えになり、倍の価格のパソコンを思い切って購入することになりました。

予想外の出費だったため、かなり無理をして買った形となりましたが、その分満足できる高性能なパソコンを購入することができました。
実際に使ってみると、かなり高性能であるためサクサク画面が切り替わりますし、とても使いやすいです。
無理してでも買ってよかったと思いました。

高いほうのバッグを買ってしまいました

ずっと欲しいと思っていたブランドバッグがあります。
お金が貯まったので、デパートへ買いに行ったのです。

そこで私は新作のバッグを見てしまいました。
私が欲しかったのは二年前に新作として出たバッグです。
今見ているものは三日前に出たバッグなのです。

見比べてみるとやはり新しいほうが欲しくなったのです。
でもそれは三万円もオーバーしているのです。
私が欲しかったバッグよりも三万円も高いのです。

photo

正直この出費は痛いです。
今財布に入ってはいますが、三万円も高くなるのはかなり痛いのです。
でも良く見比べるとデザインも素敵で、機能的になっています。
とても欲しくなってしまったのです。

私は思い切ってこの新作のバッグを買いました。
悩みましたが、やはり新しいほうがいいと思ったのです。

でもかなりの無理をしてしまいました。
今月の生活費が少なくなったのです。

たったの三万円と思う人もいるかもしれません。
でも私にはこの三万円がかなり大きい三万円なのです。
八万円のバッグを買うつもりでいたのに、十一万円のバッグを買ってしまったのです。
ほとんど衝動買いになってしまいました。
今思えばたかがバッグなのに、あの時どうしてこんなにも無理をしてしまったのでしょう。

腕前に釣り合わないゴルフクラブ

私の趣味はゴルフです。
かれこれ10年以上やっていますがいまだに100を切れずハッキリ言って下手だと思います。
ゴルフスクールに通ったり、雑誌のレッスンコーナーなど隅々くまなくチェックしています。
なので知識だけは豊富になっていますが実践がさっぱりダメです。

ある日行きつけのゴルフショップに何気に入ったところ、店舗の一角にキラキラと輝くアイアンのセットがあり思わず目を奪われてしまいました。
気品というかオーラが漂っている気がしたのですが、お値段もそれ相応のはっきり言ってちょっと手が届かない額でした。
アイアンのヘッドの材質が軟鉄と呼ばれるもので、上級者向けの難しいクラブです。

photo

こんな不相応のクラブなど私に使いこなせるわけがないからと、一旦は店を出たのですがその日の夜夢に見てしまいました。
私は給料を全て家内に渡してその中から毎月お小遣いをもらっているのですが、今あるヘソクリと2~3か月ゴルフに行くのを我慢すればなんとか買えそうだなと思い始めました。
するとどうにもその思いを止めることができなくなってしまい、家内を拝み倒してそのクラブを買ってしまいました。

早速練習場に行ってボールを打ってみましたが、難しいなりにもとても満足しています。

高校生には高すぎるジュースでした

私が高校生のときの話です。

そのときは夏で、私は水筒に入っていたお茶も全て飲み干してしまっていました。
家に帰るまでに何か飲まないとこれはヤバイと思ったそのとき、目の前に某デパートがありました。
確かあそこには美味しいジュースを出してくれるお店があったはずだと思い、私はそこのお店に入りました。

今思えば通りには自販機がいくつもあったのですから、そこで適当にジュースを買えばよかったのです。
ですが私は喉が渇きすぎてあまり頭が働かなかったのか、それとも絞りたての冷たくて美味しいジュースが飲みたかったのか、そこのお店に入ってしまったのです。
そこはデパートに入っているお店なのですから、単価が高く、私は一瞬このお店に入ったことに後悔しました。
ですが、目の前にある美味しそうなジュースを見たら、お店を出るなんて出来なくなりました。

photo

私はお金を支払い、それはそれは美味しいグレープフルーツジュースを飲み干しました。
高校生にとっては結構高い値段でしたが、飲み終わった瞬間、ここに来てよかったと思いました。
ですので、後悔はしていません。

それからのお金のやりくりが少し大変だったのが微妙なところですが、価格に合った満足感ではありました。

20代でちょっと無理した買い物

20代の頃、やたらと座りやすい椅子に凝っていたことがありました。

休日に無印良品でふらっ見ていたら、座る部分のクッションが程よい硬さで気に入ってしまった椅子がありました。
近くに軽くてコンパクトで家庭用にちょうどよさそうな椅子があったのですが、それはクッションがいまいちで目もくれませんでした。
私はやはり最初に見た方の椅子が欲しかったのです。

photo

クッションが良くて座りやすいが家庭用には少し重くてごっついイメージでしたが、クッションの硬さに惹かれその椅子を買おうかと思いました。
値段を見ると2万円でした。
今考えると椅子1つ2万は少し高い気もします。
貯金はしてきていましたが、派遣社員のくせに2万の臨時出費は贅沢なはずです。
もう少し他を探すこともできたのですが、これだと思い値段気にせず買うことにしました。

配達してもらうための書類を書いているときに、ちょっと無理したかな、という思いがよぎったのを覚えています。
それでも買ってたのだから余程座りやすい椅子が欲しかったのだと思います。

今考えれば、軽くてコンパクトな方を買っておけばよかったとは思いますが、座りやすい椅子はやはりいいので後悔はしていません。
しかし椅子に2万円はちょっとばからしいと思っています。

ヴィトンのストールを衝動買い

私が就職した会社が割と大手のところだったので給料が結構よく、なにかしらのブランド品を毎月買っているような生活をしていました。

しかしその会社を辞めることになり、引っ越しや住民税の支払いなどで、辞めてからの生活はかなり厳しかったです。
すぐに次の仕事が見つからず、しばらく失業保険と貯金でなんとか生活していましたが、贅沢癖がなかなか治らず、ブランド品も見ると欲しくてたまらなくなるのです。

なんとなく貧乏生活にも慣れてきたときにヴィトンのストールを見つけました。
ストールなんて無いなら無いで全く困りませんし、正直あまり使い道がありません。
値段も5万円近くしましたし、今考えると本当に無駄な買い物でした。

photo

当時は貧乏生活でひと月の生活費が15万円くらいでそんな中で5万円のストールなんて普通の感覚では絶対に買わないと思います。
しかし私はどうしてもそのストールを一目見た瞬間に気に入ってしまいました。
こんなものに出せるお金なんてない、と言い聞かせてもその肌触りやかわいさには負けてしまい、結局買ってしまったのです。
母と一緒に行っていたのですが、母には呆れられかなり怒られてしまいました。

クレジットカードのリボ払いができたので購入できました。
買った後は満足でしたが、今でもそのストールを見ると当時の私は少し金銭感覚がマヒしていたな、と思います。